fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

Markaudioの事務所で見たプロトタイプ。 Alpair12PW Alpair7P そしてAlpair!!X

香港空港から愛車スバルを運転しながら・・・。
『Hi Norio 何だか君がいなくなり香港の生活に空洞が開いたみたいだ・・・・ もう香港に事務所を持つ意味が無いんだよな。今深センの工場の近くに研究所を作りそこに事務所も移そうかと思っているんだ。
君がいた頃は新製品を持って一緒にオーディオ議論を戦わせるのが本当に楽しかった・・・・』

何とも泣かせる出迎えの言葉です。(皆さん。xxx国の人は嫌いだとかxxx国の人はダメとか言わないでくださいね。)
イギリス人のくせに演歌+浪花節の様な心根の人もいます。

という訳で前回の続きですが、先ずはAlpair12の広域ウーハー多分米国のディーラーからの強い要望があったと聞いていますから・・で作ったのがこれ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実測Foが38hZと記載されています。鳴らしてみたい!

 

そしてもう一つ! 犬だろうこれは!!! いえいえ違います。白いYシャツのおじさんの指差す先がこれです↓

 

 

 

 

 

 

 

Alpair7Pです。秋ごろには日本で発売予定です。

 

今回はスピーカーシステムの製品化のテストがメインであったのでじっくり聞くことができませんでしたが、まずは皆さんにさわりだけでもと写真を撮ってきました。

 

 

 

 

 

 

『See you Mark! I also feel your friendship is my treasure from the heart !! 』

 

PS: そして最後にもう一つ。まだフレームもベータ部品ですが、Evanが深センの工場から持ってきたドライバーです。これはノーコメントです。手のサイズから想像して楽しんでください。

 

 

 

 

 

最近東芝のMAZDAブランドの6SN7を手に入れて300B を鳴らしています。当時の日本の技術力はすごかったんだなぁ~と思います。純粋にモノ作りをする事の価値を改めて感じます。ソニーさんも自分の工場が無くなってしまいそうだし、日本頑張れ!

玉のアンプはまたレポートします。

 

 

 

 


Posted by admin on 8月 14th, 2014 :: Filed under ユニット情報
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Type your comment in the box below: