fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

MAOPの容姿

MAOPのファーストロットの輸送は随分スケジュールがタイトな状況でハンドリングをしましたので、実は、私自身自分で実物に触る時間がありませんでした。

マークが奇麗な写真を送ってきましたので。その美しい姿をお見せします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マグネットカバーの裏面には実際に組み上げた製造技術者のサインとペアのシリアル番号が見えます。

 

着磁後に全てのユニットを測定器にかけて、T/Sパラメーターからペアを取っていきます。

この写真はシリアル番号0001番ペアのBユニットです。

 

 

 

Graphite の姿です非常に仕上げが丁寧ですね。職業柄私には非常に美しく見えます。

 

 

 

 

 

 

 

このGaraphiteは0021ペア目ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同梱でJIS箱での周波数特性が添付されています。

下に、そのT/Sパラメーターを添付しておきます。

Revc= 7.200 Ohm
Fo= 36.905 Hz
Sd= 8.992K mm²
Vas= 26.949 Ltr
Cms= 2.347K uM/N
Mmd= 7.434 g
Mms= 7.924 g
BL= 5.345 T·M
Qms= 2.740
Qes= 0.463
Qts= 0.396
Levc= 88.933u H
No= 0.283 %
SPL= 86.534 dB
X max= 8.5-mm (1 way)
Power = 35 watts nom. 70
Max Coil = 25-mm alu body with rectangle copper winding.

本当に美しいドライバーですね。


Posted by admin on 5月 17th, 2012 :: Filed under ユニット情報
You can leave a response, or trackback from your own site.

3 Responses to “MAOPの容姿”

  1. 佐藤
    2月 28th, 2013

    Alpair10MAOPのフレームカバーは、どのようにすれば簡単に外せるのでしょうか?バッフルのザグリの径と深さを小さくしたいので、力任せに外そうとしているのですが、無理をするとフレームが壊れてしまいそうでためらっております。

  2. admin
    3月 1st, 2013

    佐藤様
    Alpair10のフレームカバーは工業用のABボンドで接着されており、取り外すことは大変困難です。

    高価なドライバーですから、申し訳ありませんが若干バッフル開口を広く取って頂いて其のままお使い下さい。

  3. 佐藤
    3月 3rd, 2013

    ありがとうございます。綺麗な箱に納めて永く大事に使おうと思います。しかし、小音量でもバランスが崩れなくて、アパートメントの音量を上げられない環境でも、オーディオを楽しませてくれます。素晴らしいユニットに感謝です。

Leave a Reply

Type your comment in the box below: