fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

Super Sax Driven by Handcrafted Trans

久々にJazzの掘り出し物です。

これです。 実は昔からLPを持っていてさんざん針を落としたレコードです。

出ていましたねCDでも・・・・見つけた時は本当に嬉しかったな、もう嬉しい!

今日は、Alpair10v2の当時の試作1号機で聞いていますが、シャワーのように体じゅうに降り注ぐモダンビバップを浴びています。
このCDは値段も安いし。是非買って下さい。徹底的にアメリカのナイトクラブのにおいを感じるサウンドで楽しめますよ。

題名Birdといえばのご存知のとおりCharlie Parkerのことです。
このCDに録音されている曲は皆パーカーが好んで弾いた曲ばかりです。そのパーカーのアドリブをアンサンブルにしてリフに使うと言う楽しいJazzです、というか弾いている人たちが楽しそうです。この企画にのせられて自分たちのアドリブもノリまくっていると言う2度美味しいJazzです。

Charle Parker について私の記憶には、確かマイルスが言っていたと記憶していますが、その晩年は麻薬と睡眠薬漬けだったパーカーはステージでも他のメンバーのソロの時は居眠りをしていたそうです。自分の番が来ると突然立ち上がって見事なアドリブを吹き、また深い眠りに入ったとか!なんとも凄い世界ですね。

 1曲目のKoKo 3曲めのParker’s Mood、Moose the Mooche Star eyes ん~全部良い!とにかく最後まであっという間に聞いてしまうCDですから、やっぱりかなり傑作ということでしょう。
また、1973年の録音でこの頃の録音は変な細工も圧縮も無く音に本来の芯がありとても自然で好感がもてます

・・・・このSupersaxを、私は丁度手持ちのEL34シングルアンプ(実は古いトランスを全部捨てて職人のKennethおじさんに新しいトランスを巻いてもらうと言う大再生手術を施したばかりです。)を使い出したため、色々と新しいCDを聴きなおしている中での1枚なのです。

これがそのトランスを巻いているところ⇒

きれいでしょ!

←これが出来上がったEIコアトランス。
(詳細はもうすぐ300B のシングルアンプが出来上がってくるので、その時に改めて紹介します)

これとAlpairで鳴らせばもう本当にSoul of Jazzのシャワーを浴びることができます。

 

上の写真のようなサックスのブローを聞きたかったら、Alpair10v2で聞いて下さい。4本のサックスの音が分離しないようなスピーカーで聞いちゃだめですよ!


Posted by admin on 10月 16th, 2011 :: Filed under オーディオ一般,音楽
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Type your comment in the box below: