fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

しばらくぶりです。

ブログを見ると何と10月から全然更新していませんでした。忙しさにかまけていたとは言えちょっと充電と言うには時間がかかりすぎですね。

Alpair10、6の販売も順調で、ちょっとこうした販促活動をおろそかにしていたのですが、新しい日本の貴重なノウハウを生かす会社の中国に立ち上げなどをしていました。

この会社(工場)基本的にはMarkaudioのスピリットに同調頂いて始まった会社ですので、今後様々な効果を期待しています。

今のオーディオ特にスピーカーユニットの製作と購買マーケットの間には、色々な問題があります(再開ブログは、なんか真面目な方向に向かってしまいそうです)。

思いつくままに・・・

第1に、マーケットがそれほど大きくありませんから、良いものを継続的に市場に提供しようとしても、どうしても部品の最小購買数に引っ張られてしまいます。そうなると、良い環境で鳴らすと本格的な音がする様なユニットを(そこそこの)少量多品種でご提供するには中国系の工場は企業の経営理念から受け入れられない内容です。

こうした環境で良い製品を作ろうとすると、何種類かの方向に向かいます。

一つの方向は、年末に顔を出したハイエンドショウを見て強く感じましたが、驚く様な値付けです。数百万円するアンプ・スピーカーがあふれています。

何で?こうなるの。 どこにマーケットがあるの?と考えながら色々なメーカーさんを見ていると、やっぱりほんの一部のお金持ちの年配の方がマーケットだと確信します(だんだん減っていく日本の富裕層。 その音はと言えば、そう言った耳に向けての音・・・・・すみません批判的で。に聞こえてきます。

皆さんそういったスピーカーで何か仕事をしながら聞き続けることが出来ますか? 絶対にあの音は何かが違います。 私もどうしたら若い人たちに『これが良い音なんだ』と伝えたいと思っていますが、この業界は生活していくために、消えていく購買層に向かって活動してるのかな?って感じています。これもちょっと生意気ですが・・・・何ともやりきれない。

その後会場で日本を背負ってきた日本が誇るエンジニアの人たちとお会いしたのですが、誰一人どの部屋の音が良い悪いと言う話をしません。 寂しいと思いませんか?

実はユニットに高級な物を使っているところは本当に少なく、いわいる『ぼったくり』の精神も見え隠れしますが、こうした現状に対して今回の製造ロットの問題は結構今後のマーケットを壊す1つの要因と強く感じています。

もし、必要なユニットは必要な数だけ製造できれば、品質やエンクロージャーの設計・製作・販売も安定しますし、出来るだけ安い値段で良い製品を提供できると考えています。特にMarkaudioは部品からカスタムメードと言うのが一つの主張ですので、とても大事な課題をクリアーしようとしています。

また、日本のオーディオ界の一端を引っ張ってきた方が参加する事でユニット性能に随分影響を受けています。次の生産から本当に設計と製造がぐっとコンデンスされたさらに良い関係になります。皆さん一層の応援をお願いします。

ところでそればっかりではなく、色々別のこともしています。

次回は、この写真からはじめます。

オリジナルの300Bと手で巻いたトランス(本業はトランスメーカーのおじさん仕事を離れて巻いています。)を使った真空管アンプ。

これでAlpair10v2を聞きました。私も、最近は自宅ではほとんど10を聞いていますが、空中に演奏が浮き上がる雰囲気は久しぶりに聞きました。

近いうちに自宅のアンプもこのトランスに変える予定です。


Posted by admin on 2月 20th, 2011 :: Filed under ユニット情報
You can leave a response, or trackback from your own site.

4 Responses to “しばらくぶりです。”

  1. k
    3月 8th, 2011

     久々の更新ですね♩

     今や、いろいろなジャンルーなんと鉄道趣味にまでー
    女性が進出して活況を呈してるというのに、
    現状では、オーディオは一部年配者だけのものとなって
    このまま衰退して行きかねません
     私はささやかなユーザーに過ぎませんが、
    皆さんが様々創意工夫されベテランの力を生かしつつ
    前進されてることに敬意を感じます。

  2. admin
    3月 8th, 2011

    ありがたい応援のお言葉有難うございます。

    早速メールでメンバーに伝えます。

  3. ハチマル
    3月 10th, 2011

    同感です。

    今こそオーディオにルネサンスが望まれる時だと思います。

    Mark Audio Renaissance !

    ドライバ以外の分野でもマークオーディの健闘に期待します。

  4. admin
    3月 11th, 2011

    ハチマルさん ご無沙汰してます
    このまま順調に工場が円熟化していくと面白いんですけどね。 
    一月前から2wの試作真空管アンプを使ってFileve audio+ONKYOのSEU-555EX+Alpair6mLinfofBoxと言うセットで睡眠薬代わりにニアフィールドを楽しんでしています。
    びっくりするレベルです。このスーパーカブは本当にバカにできません。また紹介させてもらいます。

    ところでK さんがおっしゃってましたが、確かに女性ファンの発掘って面白いかもしれません。
    そうなるともっとコストパフォーマンスを高くしないと…シャネルの香水には投資してもらえるのですが…

Leave a Reply

Type your comment in the box below: