fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

マークオーディオ MAOP_11と ネイチャーコレクション  NC_11 Markadudio

1月の東京オーディオベースでご紹介した新しいMAOP_11と専用エンクロージャーNC_11がもうすぐ新発売です。

旧正月前に日本での発売開始を予定していましたが先週工場の責任者Evanから突然間に合わないと言う連絡があり‥‥ひと騒ぎありました。

私は心を落ち着かせて改めて原因をきいてみました。すると、レクタングルワイヤーを使用した特注コイルの供給が間に合わない事がその原因でした。そこで『ん。昨年の11月の出張で私がレクタングルを使ってくれって頼んだ様な…』良く聞けば彼らが私の意をくんで厳しいスケジュールの中で無理をして動いていたんですね。と言う訳で特注コイルは2月25日に到着する事になりました。大変申し訳ありませんが3月中旬に日本に到着します。

時間ができましたのでブログで内容を紹介します。

これがMAOP3兄弟です。3兄弟

一番右がMAOP_11です。2018東京オーディオベースでは小原先生がオルガンの30Hzが聴こえると驚いていました。とにかく今回は特にプロトタイプのシングルサスペンションもこのMAOP_11もびっくりするほど魅力的な音で私自身結果にびっくりで本当に良い試聴会でした。

もちろん協力頂いた皆さんに感謝です。47研の4741Gの感度抜群のCDプレーヤー、ZonotoneのSP1シリーズの立体的な音。本当に良い製品でコンビネーションを組めたのはラッキーでした。良い製品です。でも、Markの設計したスピーカーはその違いをはっきり出します。良いものを良い音に変換するのは本当に素晴らしいことです。Audiobasemembers

そして今回のMAOP_11  用に新しく設計したエンクロージャーNC_11も良い感じです。試聴室に戻って何度も聴いているのですが、NC_10と比較して、男性的で力強い音がします。このNC_11デザインもうまくいきましたが、結構見えないところに手を入れてあり贅沢にもハードメープルのバッフル板の裏に20㎜のブラックチェリーを貼り合わせてあります。

nc11port

 

 

 

 

ハードメープルのフロントバッフルの次のレイヤーが赤褐色している板が見えていますね。これがブラックチェリーです。

Fidelitatemの試聴室でこのNC_11の音色を実際にじっくり聴いてみませんか?


Posted by admin on 2月 5th, 2018 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,近況
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Type your comment in the box below: