fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

再着磁のススメ

最近私のオーディオバイオリズムは非常に好調で、音楽を聴くのが大変楽しい状態が続いています。一つが、真空管アンプのトランス総とっかえ、以来そのすばらしさにハマリまくっています。
そしてもう一つの理由が今日のブログです。先日ついに、写真の古女房が帰ってきました・・・・・⇒これです。

話は変わりますが、みなさんはどんなに愛した女性でも、何年もの間にその魅力がだんだん当然のものになって・・・・空気の様な存在になって・・・最後は他の女性の刺激が魅力的にふらふら~と・・・・なんて思いをしたことはありませんか? 皆さん胸に手を当てわすれかけて(欠けて?)いた過去の失敗を思い出してください。思い当たる方はいらっしゃいますか?!

今回の私の古女房はこれです⇒日本が生んだ世紀のツィーターテクにクスEAS10TH1000です。
 

そして←この機械、谷口さんの工場を訪れた時の写真です。
これなんだかしっていますか?これがスピーカーに魂を入れる機械 Magnetizer(着磁装置)です。フェライト、アルニコ、ネオジュームと全部そろっていました。写真はネオ用です。

む!また悪いことがひらめいた!これは良いぞ!ちょっとお願いして見よう!・・・・ねえ谷口さん(小さい声で・・)ほら、前試聴に私のオーディオルームに来たときに、あったあのツィーター・・・あれ・・・リーフツィーター覚えてます?あれ再着磁してもらうってお願いできません?
軽く、『あ!調べてみますよ。物によっては分解しないとできないから・・・』
早速工場にこのマグネットのお化けを持っていきました。

これ谷口さんから送られて来たリーフツィーターの断面図ですなんだか人間の脳みそのMRIの写真みたいですね、

それにしてもダイア不ラム、ボイスコイルとホールピース・マグネットの大きさのアンバランスさがもの凄いですねぇ。
Alpairのシャシーがコーン径に比べて大きいと言っている方、このシャシーの大きさと厚さを見て下さい。そして吸音材とそのシェイプを見て下さい。全く共振しないシャシーに高ダンピングファクターの吸音材とが見事にマグネットが流線型になっているではありませんか。 これを35年前に作っていた日本の実力はどれほど凄かったんでしょうね。

当時貧乏大学生だった私は、秋葉原(確か旧木村無線の入っていたラジオ会館ビルの3階だったか?)で片ちゃんだけつないで鳴らしてもらったのが始めての出会いです。そのシンバルの音のリアリティーに驚き、しばらくそこを動けなかった(かなかった)のがこのツィーターへの一目ぼれのはじまりです。

ずっと恋焦がれていたのですが、なにしろ、当時50万あれば、HondaS600が買えた時代の13万6千円です。下宿代2万円の学生に買える訳がないですよね。

それでも忘れれずに、1995年頃にはDynamic Audioさんのトレードセンターに『中古が出たら連絡もらえませんか』とお願いしたり、手を尽くしましたがとうとう連絡はありませんでした。 
まあ最初から、『アレはね、お客さん、バインディングポストの締め具合でも音が変わるんだよ! そんなツィーターだからみんな手放さない、最近は松下さんが測定用に買い戻してるってうわさだよ。でもよっぽど間違ったら中古市場に出てくるかも』っていわれてましたから、半ばあきらめていました。

が、しかし時代は変わり、ネットオークションと言う、日本全国の出物を瞬時チェックできる時代になり、とうとう30年後にこの写真の初恋の相手(年とともにちょっと肌があれていましたが)を手に入れたのです。凄い執念(シツこさ)ですよね。

そんな恋女房も最近はAlpairシリーズの音質がよくなってしまいあまりきかなくなっていました。

そして先月末、その工場に打ち合わせに行った帰りに着磁がおわった古女房を久ぶりに引き取ってきました。


その再生周波数特性です。マイクが40,000Hzまでしか保障していないので途中でカットしてありますが、LMSの生データです。凄い特性ですよね!

 

色違いは着磁のビフォー/アフターの特性の違いです。
なんだか、ほんのちょっとしか違わないな・・・・なんていってる人は人間の耳の感性を信じれない人!

なんと、35年前の秋葉原で聞いた音が再現されているではないですか。本当に感激です。もう、バイオリズムは上がりっぱなし。
もし皆さんのなかでこのツィーターをお持ちなら、少々の出費をしても、再着磁をされることをお勧めします。谷口さんの所でやってくれるかも。 

と言うことで、また、Markを呼んで今日も一緒に聞きなれた私のCDコレクションをこのリーフとAlpair10のツイントールボーイで聞いています。以下やり取りです。

Mark 『本当にいい音だ。なんてスムーズなんだろう。 これこそがHi-Fidelityだ!』(蛇足ですが、当社のFidelitatemはそのラテン語です・・・)
    『日本には、Hidden Treasure (隠れた宝)がまだいっぱいあるんだよね。海外に輸出される製品よりずっと高品質のこういう製品がいっぱいあるんだよね。』

わたし、『オーディオ界で言えば、もうuse to be in Japan と言うのが正解だよ。』
Mark 『Well,・・・』

『これは本当に理にかなったすばらしいツィーターだ』(その辺の封筒に周波数特性を書き出し、)
ここでMRIを見せると、
『このリニアリティーこそ、to be as close to the original source sound as possible (原音忠実再生)そのものだ』ハチマルさん、本人が其の侭の同じことを言ってますよ、かれのストラテジーを!Alpairシリーズの音は本当に高品位と思います。こんなに音楽を聴いていられるスピーカーは中々現代にはありません。
でも私のEAS10TH1000(名前に色気が無いなぁ)への気持ちはかわりません。30年の恋なんですから。(今となっては本当に買ってよかったと思います。)
谷口さん有難うございました。 開発中の新しいツィーター良い製品にしましょうね!


Posted by admin on 11月 22nd, 2011 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報