fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

メグでの試聴会

Sotaの発売に伴いこの半年はかなり過酷な活動でした。月刊ステレオやMJへの広告宣伝のデザイン、パンフレットのデザイン、マークの日本訪問、地方年のプロショップ訪問、翻訳、タイのビジネス支援等々・・・・そうは言っても落ち着いてみればそれなりな充実感です。

少し時間がたちましたがその中でのトピックをできるだけ皆さんにごご紹介したいと思います。

3月末はMarkとSteve(オーナー)が来日してコイズミ無線さん名古屋のサウンドピットさん、岐阜のハンターオーディオさんと訪問しました。
サウンドピットではオーナーからTozziがグッドマンのサウンドにそっくりと何度も激賞頂いて、さらに翌日はサウンドハンターのオーナーから『朝はTozzi Oneで室内音楽を聴きながらコーヒーを飲むのが凄く気持ちがいいんだよ』と。

何と言ってもお二方ともに何十年もオーディオに毎日接してきた方がこれだけ激賞して頂けると言うのは望外で嬉しい限りです。写真はサウンドハンターさんでの試聴会でのシーンですが、ここでは岐阜大学の教授をされている方がMarkと英語で技術論を楽しんでいました。

サウンドハンター

右のシーンは音は聞けませんが実は黒のCestiMBがリーリトナーの「Wes Bound」と言うアルバムから『Four on Six』と言う曲がかかっています。

Lee_Ritenour_Wesbound_1993a_Album

Four on Sixと言うのは元々はWes MontgomeryのThe Incredible Jazz GuitarやImpressionsで有名ですが、リトナーのFour on Sixは現代的で渋くて中々良いのですが、オーディオ装置に癖があるとあまり良い音になりません。そういう意味ではテストトラックにも最適ですし1994年にビルボードで1位になったLPです。演奏が素晴らしいですから是非聞いてみてください。

右がそのCDのジャケットですが右手の親指で2つの弦(オクターブ)を弾きます。この奏法ですとぐっと中低域の音の純度が勝負になりますのでMarkaudioの良さがすごく出ます。

 

そして最後が吉祥寺メグでのセッションです。本当はMarkが一緒に参加予定でしたが、体調が優れず私だけの参加になりました。

「メグはスピーカーが鳴らないんだよね。」「今まで参加した人がどれだけ苦労したか!」こんな脅迫?(言葉)を打ち合わせで聞かされると不安になりますよねぇ。

しかし当日は度胸をきめました。三々五々お客様やメグの会のメンバ-の方々が集い始める頃私はアンプのセッティングなど準備をしながら、Tozzi Two からA-Tisket(ナタリーコール)を流してみました。

その鳴らない場所で5㎝コーンで勝負です。さてどうなるか・・・・
megu1

「お!」「えっ!その小さいスピーカー!」「いいねぇ!」良いぞ良いぞと言うスタートです。

そして、本番開始…
写真の様にメグは紅のアバンギャルドですから私も真紅のCesti MBをメインで勝負です。アンプ今相当気に入っているRotel1580/1582MKⅡ を使って、使う曲はもちろん全部Jazz、手持ちのCDから音質がレベル以上のMiles 、EllaやWesなど大物のTribute曲をえらんで流しました。見て下さいこの写真のお客様。Jazzyな雰囲気になってるでしょう!!!。そしてお客様のがお持ちいただいた山本剛さんのMegu2かの有名なMistyを流してもう最高Cestiが鳴っています、本当に私自身が『良い音だな~』と思いました。

 

最後は皆さんから沢山の拍手を頂きました。有難うございました。

 


Posted by admin on 6月 26th, 2017 :: Filed under Sota製品情報,近況,音楽

10年ぶりの日本。日本は良いとこ悪いとこ?

先々月の4月末に海外の住居を引き払って日本に戻ってきました。当初の予定では昨年4月に戻る予定でしたが、なかなかそうもいかず今年になりましたがようやく家族と共の生活です。

これからはもっと情報発信をしなくては!

その前に10年ぶりに日本で生活して感じる良いとこ悪いとこ

① 空気が違う
台湾でも香港より大分空気が旨いと思いましたが・・排気ガスのせいもあるのかな?日本の空気はとても旨いですね。

② 年寄だらけ
こんなんでいいのかな?と思うくらい実質的経済生産者に比べ年寄が多いこと・・!
実は台湾で自転車からコケて骨にヒビが入り近くの整形外科にひと月ほど通ったのですがリハビリのお部屋はお婆さんお爺さんが95%以上我が家は千葉県の八千代市で東京ベッドタウンエリアですが、町内会では私は期待の若手です!こんなんでどうなっていくのだろう??と心配です。

③ まだまだDIYオーディオは世界で一番楽しめる国
なんといってもMarkadudioの試聴ができる国!
DIYでオーディオを楽しむにはやはりその音が市販品では出せない音でかつ良い音でないとワザワザ作る意味がありません。
そのために一番大事なことはまずは自分の耳で音が聞けることがとても大事です。 今の欧米のDIYマーケットは全てがネット販売です。これどう思いますか?
デザインがGood Looking で宣伝さえ旨ければ先ずは市場を引っ張れます。
問題です!若いころ私が白い目で見た”ハンサムで口のうまい”すけこまし野郎と同じ匂いがしませんか?気が付けばかわいい女の子がみんなやられてる。なんて悔しいですよね。

もちろんユニットの美しさは大事ですがまずは音が良くいないと!そういう意味で日本は何とかコイズミさんのお店では音が聞けます。でも六本木オーディオさんヒノオーディオさん皆さん続かなくなってしまいました。私はこの意味でコイズミさんを応援したいのです。日本にしか無いのです!!!大事にしましょう!!!!

フィディリティムも試聴室を作りました。30㎡弱ですが、二重サッシにして外部の雑音がほぼ聞こえない静かな環境です(冷蔵庫がうるさく感じて隣の部屋に移してしまいました)、家庭で聞くときに良い音かを判断するにはお店のノイズSN比ではと不満を感じる方は是非ご連絡下さい。私は日常の仕事より皆さまの試聴を優先しますので。

最後に
車に乗っていて家族づれの若者に絡まれました。まるでチンピラ。
日本はほとんどの方のマナーは比較して非常にマナーが良いですが、あんな奴は中国大陸・台湾・香港どこにもいません。あまり楽しくないことは書かないことにしていますが、子供世代への教育が勉強に偏って何かが欠けているのかなぁ?と思いました。

 

引き続きよろしくご愛顧ください。

 


Posted by admin on 6月 14th, 2016 :: Filed under 近況