fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

コイズミ無線で炭山アキラ先生とイベント開催。MAOP_11プロトタイプも持ち込みます。

来る9月23日午後にコイズミ無線でイベントを行います。
月刊ステレオの9月号でPluvia7のクラフト記事を掲載して頂いたことがきっかけです。その後弊社の試聴室にお持ち頂き実際に聞いたのですが、正直私にはこれからのスピーカーをどうすべきか大きなヒントになる程衝撃的な音です。添付の資料の様に何の変哲もない恰好ですが、音は本当に気に入っています。是非聞きに来てください。

また、前回の出張で工場に依頼していたMAOP_11のプロトタイプが到着しました。早速指定箱にセットしてAlpair10v2MAOPと比較試聴してみるとやはり個性の違った音が朗々となり出しました。ステレオ9月号

一言で言うとAlpair10MAOPが女性的に繊細に鳴り、MAOP_11は力強く男性的に鳴ります。今回イベントに持ち込みますので是非参加下さい。

 

 

(1)月刊ステレオ製作記事のPluvia7”カルマート”と”マルカート”の聞き比べ。

 

 

 

 

(2)サブウーハーとMarkaudio小口径ドライバーの相性をそのセッティングノウハウ

a. カルマート+サブウーハー
b. Tozzi one Tozzi two とサブウーハーIMGP8444

本来音楽信号の細かな動きを再生するには軽くて柔らかい駆動部が圧倒的に有利です。
そこで小口径の良さを100Hz~70Hzまで余計なXOネットワーク素子を通さず最後にちょっとだけサブウーハーでサポートすると言う考え方は理想的な方法論の一つです。そこでまず限られた居住空間でも受け入れられ易い小型スピーカーを次の段階で変貌させると言うトライアルを皆さんと聴いてみたいと思います。実際あるプロショップでT1で実施したらオーナーさん曰く『これ100万円クラスの音がしますが敢えて薦めません。だって安くてもうからないから・・・・・』と笑っていました。

 

(3)Markaudioプロトタイプを聴く

a. MAOP_11  MAOP11 &10
人気のPluvia 11のコーンをMAOP化。Mark Fenlonが前回のAlpair10のMAOP処理を依頼するときに100枚試験的に加えたものです。今現在世界でこの写真のペアしかありません。是非聞きに来てください。

b. Pluvia7 HD (High Definition)

Pluvia 7にMAOP7のコイルダンパーを使用。ダブルマグネットでスペックもぐっと男性的です。

T/Sや周波数特性も来ていますが、今回はイベントの開催を紹介することにとどめ近いうちにアップします。

Alpair10v2MAOPですが、今回仕入れた4ペアを含めて14ペアで昨年のロットが完了します。このロットはコイズミさんから購入可能です。またNature Collection NC10用に10ペア残していますのでご購入を検討されている方は早めにご購入下さい。

 


Posted by admin on 9月 14th, 2017 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般,ユニット情報,未分類

Nature Collection (NC) 7 一本で生きていけるんじゃないか。

先日、村井先生のご訪問を受けて半日間どっぷりとスピーカーを鳴らしながらお話しした内容がMusicBird (http://musicbird.jp/audio_column/p163/)に掲載されました。

レコード芸術』(9月号217ページ)も載ってるみたいですので後で買ってみようと思います。

このMusicBirdの内容、ちょっと私の説明が悪かった部分がありそこは後で下に修正させて頂きますが、大事なのは村井先生の試聴インプレッションの方です。さすが職業表現が抜群ですがお世辞だけでここまでは書けません。ちょっとコピーってきましたのでもう一回読んでください。

‐‐‐途中から—
 信じてもらえないかもしれないが、「このスピーカー(NC7)だけで生きていけるんじゃないか」そんな気がする。

 試聴可能なショップ一覧は、マークオーディオのサイトに載っているが、できることならフィデリティウムサウンドでの試聴をお薦めしたい(要予約)。新幹線代・飛行機代を払ってでも行く値打ち有り! 仕事柄様々なところで音をチェックしているが、あれほどの衝撃は滅多にないからだ。

ありがとうございます。
確かに、取り扱って頂いているお店のほぼ半数のオーナーさんが個人で購入して頂きました。長年オーディオに携わって来た方に評価される事は自慢です。

ところで先ほど申し上げました、説明が足りなかったのは、基音の再生が重要なところは合っているのですが、仮に基音を再生できなくても倍音比率が正確に再生されていると人間の脳は勝手に基音を脳内で作ってしまいます(これをMissing Fundamentalって言いますからググって見て下さい)。それどころかこの倍音比率によって音色がほとんど決まってしまうので楽器の個性=倍音比率と言っても嘘ではありません。

もちろん基音も大切で、基音がアルナシで音楽の豊かさは全く違いますからやはりストロークと柔らかさは絶対です両方大事なんです👈これを言ったからちょっと誤解されたんだけど。 昔から説明が下手と言われていましたが治りませんねぇ~。

ともあれ聴きに来て村井先生のレポートが嘘か本当か聴きに来てくださいね。

 


Posted by admin on 9月 2nd, 2017 :: Filed under オーディオ一般,近況

やっぱり音を聴いてもらうといけるんだよね

今回のイベントも大盛況で何でこんなにお客様一杯になるんだろうと音元出版の方は驚いていましたが、皆さん来て頂いて本当に有難うございます。お客様の反応も上々でやっぱり試聴の方法をもっと考えないとと改めて思いました。
そのご報告ですが、下の写真がシンガーソングライターの伊東真紀さんです。彼女のファーストアルバム『Voyage』というCDをメインに再生をしたのですが、そのなかでピアノの伴奏で彼女が歌うトラックをNature Collection NC7で再生した後のスナップショットです、彼女はもうびっくり『すごいですねこんな小さなスピーカーなのにダイナミックで繊細でペダルのミュートする音や(ピアノの)弦が震えたりするディテールがメチャクチャリアルですこれってスタジオで聞いた音そのものですね』なんでちょっとお世辞も入っているのでしょうが写真の様に指さして、なんでこんなに小さなスピーカーがあんなリアルな音がするのですか?と質問されているところのスナップです。

結局音楽の再生を最終目標でやっている訳ですから。やっぱりこうした日頃音楽にどっぷり浸かっている方の発言は嬉しいですね。それに女性ですからね!オーディオ界の最も欠落している部分ですから。

 

 

on and on1

 

 

そして途中で気が付いたのですが評論家の村井先生がいらしてました。
色々な情報を仕入れないといけない訳ですから、こういった場所できちんと聞く姿勢は立派と思います。

その翌週、八千代市の弊社秘密基地(試聴室)に来られて、結局NC7のウォールナットが相当気に入られた様です。実際、すでに3件のプロショップのオーナーさんがNC7を個人的に購入されて素晴らしい評価を頂いています。なんかプロに受けるスピーカーなんですよね。

 

とまあイベントは成果が色々あったのですがだた課題も感じました、前述の伊藤さんのトラックの中に何回も重複録音しミキシングでかなり加工したたトラックがあり、それを再生すると我がMarkaudioは私の印象では全然いい音がしません。

『それはしょうがないんですよ。本物のスピーカーはそうなるんですょ』と後日村井先生がサポートして頂きましたが、どうも胸にストンと落ちません。しばらくは心に留めて探ってみます。 と言うのも、最近の日本のJ-pop系のCDは結局マジョリティーが『いじった音』なのです。若い人に聞いてもらいたいのにジャズとかクラシックは凄くいい音なのにこれって音楽界の危機なんじゃないの???本物だからしようがないでは済まされない……と思いながら聞いていました。

47研

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしておまけですが、一緒に参加されていた47研の木村社長、いいですね。いつも細い細いケーブルと共に小さなシャシーで商品を仕上げ、でも太いポリシーがあって、私は普通に太いケーブルの方が音は良いケースが多いと思っていますが、このご自分が信じた道を進む姿勢!お話を聞くのは今回2度目ですが技術者のお手本だと感じます。

あの音がオーディオがもう少しブームになれば評判になり結構安くする事が出来て本当の音をみんなが聴けるんだけどなぁ。なんて思いながら聴いていました!

話をもとに戻して、聴いて頂く機会を増やすにはやっぱり商品貸出システムでも誰かに協力してもらってやろうかな?

 

 

 

 


Posted by admin on 8月 11th, 2017 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般,音楽

来週はon and on でマークオーディオの試聴会!

7月8日午後OnandOnでイベントに参加します。
午後1時から音元出版さん主催の試聴イベントがあります。
Markaudioサウンドをじっくり聞かせます。お時間のある方は是非お出かけください。

SotaとNature Collection 両方聴けます。

下のURLからエントリーをすると記念品がもらえるそうです。

http://www.phileweb.com/news/audio/201706/23/18856.html

 

OnandOnの場所はこちら

おまちしてまーす。

 


Posted by admin on 7月 1st, 2017 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般

Markaudio Groupのホームページをリニューアルしました。

Markaudio-Sotaの販売開始に伴いホームページをリニューアルしました。

Nature Collectionシリーズも詳細を整理して掲載してあります。
是非ご一読を。

 


Posted by admin on 5月 22nd, 2017 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般,ユニット情報

イベントの情報その2です(メグ3月25日)

3月25日(土)同じくMark Fenlonの来日にあわせ午後7:00から吉祥寺メグさんでイベントがあります。

MarkaudioーSotaの紹介とシングルサスペンションモデルとMAOPモデルの紹介をマークさんにお願いしてあります。

またここはJazzのメッカ吉祥寺の老舗です。私は思いっきりJazzとオーディオをつないでお話しできればと思っています。


Posted by admin on 3月 13th, 2017 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般

東京でSota(Viotti One Sesti MB)の試聴が出来る様になりました

月刊ステレオの2月号でCesti MB。続いて無線と実験3月号でViotti Oneと大変評価の高い評価を頂いた、Markaudio-Sotaの2機種が東京でも試聴ができます。

名前はon and on と言う名前の素敵なお店で、ATTOLLのアンプなどで試聴が可能です。オーディオアクセサリーさん主催の試聴会なども開いているスタジオつきのお店で先日は私も楽しませて頂きました。

ホームページはhttp://e-onandon.jp/index.php になります。 新富町の近くで至便ですので是非ご試聴ください。

 


Posted by admin on 3月 13th, 2017 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般

Markaudio Sota2月中旬発売開始

MARKAUDIO SOTA3シリーズの販売が2月の中旬よりいよいよ始まります。月刊ステレオの2月号の注目製品ファイルにCestiMBの試聴レポートが掲載されました。先ずは編集長から電話があり、『ちょっと凄いですね、一月のマークさんの座談会の内容を音として聞きました。本当にこのサイズで信じられない音ですよ』と、そして評論家の林先生からもぐう~と興奮が伝わる電話が何度もあり。滑り出し最高です。

『Markこれは何とかいけるぜ!』 と心の中で火がぽっと灯り(ちょっと心配をしていたのですが)、気分は上々です。
その時の記事をPDFに落としましたのでご一読下さい。もう追加説明の必要はありません、 コスパは絶対に保証します。

お問い合わせは info@fidelitatem-sound.com まで、月刊ステレオ本屋に注文してください。
それからSotaのホームページも作成中です。www.markaudio-sota.co.jp になります。

201701Stereo Cesti MB1201701Stereo Cesti MB2


Posted by admin on 1月 26th, 2017 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般
Tags ::

月刊ステレオ新年号にMark Fenlonと松本氏の座談会が掲載されます。

皆さん!12月19日発売の月刊ステレオでお二人の座談会が掲載されます。

以前にもご紹介をしましたが、Markはお父さん はJaguarのエンジン設計者で自らもブリティシュガスで流体力学の設計エンジニアに携わっていたMarkのスピーカー設計への姿勢と思想を楽しそうに語っています。
一方松本氏はあのセナの時代のHondaF1のエンジン開発と言う『選ばれしエンジニア達のバトルフィールド』に10年以上携わったその目が見たMarkaudioの神髄を語っています。私から見ても独特の裏付けの基に誤解を恐れずストレートな内容でオーディオスピーカーのあるべき姿を語っており非常に興味深い内容になっています。例えば最近私のブログにもよく出る『低音』がかたられていますが、別に低音だけが素晴らしいのではなく、多くのオーディオユニットがここにメカニカルに追求しきれていない問題を抱えていると本当は言いたいのです。こういった言葉の認識を正確に掴むとその内容がとても意味深く、結局中高域の純度にまで影響している『低音再生』を低音と言葉では表現しています。

もちろんほとんど全てのAlpairシリーズは高域特性は非常に優秀と思います。Alpair7なんか30,000Hzを軽くクリアーしていますが、本当にメカニカルエンジニアの面目躍如と言えるのはコーンやコイルが激しく動く領域の設計感覚と思います。

私から見てもとても内容の濃いディスカッションです是非何回か反芻してお読み頂くと幸いです。


Posted by admin on 12月 17th, 2016 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報

Nature Collection NC5walnut アムトランスで販売開始!

Nanc5frontture Collectionシリーズに大変な評価を頂いているダンパーレスドライバーAlpair5v2ssを搭載したNL5が登場です。音楽的な響きが美しいウォールナットのモデルが秋葉原のAmtransのショップで試聴が出来ます。

一度聞いて頂こうと思い持ち込んだのですがすっかりファンになって頂いたオーナーから是非ということで発売することとなりました。

あのカーテンを取り除いた様なリアリティー、シンバルやウッドベースのピッチカートのリアリティー今までに聞いたことのない細かい微細音まで是非試聴をお願いしたいとます。ネットを確認したら年末全品10%引きセールだそううですよ~


Posted by admin on 12月 15th, 2016 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,未分類