fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

8月11日(土)コイズミ無線でMarkaduioAlpair MS試聴会

来る8月11日にAlpair7MS、Alpair11MSそしてステレオ誌の表紙を飾ったMAOP_11用専用モデルNC_11、生方先生のOM-MF5様エンクロージャーキットの試聴会を開催します。猛暑の折ですが是非時間を作ってご参加下さい。

先週は製造のスケジュール調整に深圳まで出張してきました。(香港台湾共に東京より暑くない!!)

もちろんメイントピックは革新的新モデルAlpair7MS、Alpair11MS(モノサスペンション)の製造予定で、結論から言いますと既に生産に入っており20日には日本に届く予定です。

 

 

 

 

 

そのAlpairMSシリーズは極めて個性的で革新的なモデル(既に特許申請中)で、その特徴の一旦をここでご紹介します。

 

右の写真はAlpair11MSを斜め前から見た写真ですが極端に浅いコーン形状をしており、実はフロントサスペンションとの接着面より微妙に前にせり出すコーン形状をしています。また磁性流体やダンパーを使用しない為にVCの動きへの負荷はフロントサスペンションしかありません。そして大型のボイスコイルがT-ヨークとマグネットの磁気ギャップにに入り込んでいる様子がうかがえます。VCのボビンの振動をスポイルするダンパーも全くありません。

下に特性とT/Sパラメータをお付けしますが、今回のモデルは是非実際に聴いて欲しい。サウンドの強弱感が全く違う上にホールトーンの反射音の微妙な付帯音の量が違います。コイズミ無線さんの店頭ですと少し再生環境としては限界はありますが十分楽しめると思いますので是非ご試聴下さい。

 

”3gMoving Massが自由に動く再生音を聴いてみませんか!”

 

Revc=    7.2  Ohm
Fo=   73.2  Hz
Sd=   50.27  cm²
Vas=    5.57  Ltr
Cms=    1.552m M/N
Mmd=    2.83 g
Mms=    3.02  g
BL=    3.913  TM
Qms=    2.0
Qes=    0.66
Qts=    0.5
Levc=  119.60u H
No=     0.322 %
SPLo=   87.1  dB
Xmax =4.0 mm one way

 

 

 

 

 


Posted by admin on 8月 1st, 2018 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報

Alpair7MS(ダンパーレス)が試聴できます。

先週MarkaudioからAlpair7MSの量産サンプルが到着しました。この写真です。

closeup-7compact

今年の2018オーディオベースの会場でお聴き頂いた最終版のモデルです。

フォルムも素晴らしく美しいモデルで正直エンクロージャーに装着するのがモッタイナイと思ってしまいます。

美しさだけでなくAlpair7MSは本当に驚くべきモデルです。

この写真のアングルから見ると徹底して軽量化されたボイスコイルが磁気ギャップに入っている様子が良く見えます。

ダンパーレスの利点を簡単に説明しますと、手前のコネクターにつながれたケーブルから電気音楽信号がボイスコイルに伝わり、磁気の中でその信号に沿って複雑に上下します。その振動・振幅が物理信号となってボビン経由で振動板に伝わるわけですが、普通ダンパーはこのボビンに接着されます。すると微細信号がダンプされるという欠点があり、言わば動作のリニアリティを保つだけにダンパーと言う手で支えると言う事をしています。さらにこのダンパーは波状のブレーキの役を果たしているのでピアノのタッチやハイハットの強弱差を実は小さくしてしまいます。入力信号のダイナミックレンジを


Posted by admin on 8月 1st, 2018 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報

MarkaudioOM-MF5とそれを使ったオントモビレッジエンクロージャーキット

今年は思わずMOOKのスピーカーにMarkaudioが選ばれると言うことになりました。

ステレオ誌のブログに掲載されています。興味のある方はご覧ください。

マークオーディオのサウンドを聴いて頂ける機会が増える訳ですから、音質を売り物にするマークオーディオとしては一度は参加したいと思っていましたが、音楽の友社の皆さま、工場の関係者の協力で実現してしまいました。

実このユニットの公表SPECは時間が無くてF0=125Hzとなっていますが、実際はほとんどのユニットが100~110㎐のレンジに入っています。
500ユニットの実測サンプリングです。

Fo tester( Hz)  Qty          %

97-99          72          12.77%

100-105              315        55.85%

106-113             109        19.33%

114-116              68          12.06%

そして先月はこのユニットの関連商品である生方先生設計のエンクロージャーキットもご提供する事になりました。

これがそのキットです。先週弊社の工場から送られて

きたので早速鳴らしてみて正直びっくり。

なんて言えばいいか、このスピーカーシステムは居心地の良い、そして感覚的に良い音がします。ちゃんとご自分の耳で音を確認して作ると言うプロセスを手を抜かずに作業すると、その努力の集合体が音に現れてくると言うのが私の持論ですが、多分生形先生の姿勢が製品に現れています。本当に素晴らしい。外観はご覧の様にロシア産の赤松の集成材をベースに日本製のオークの無垢材(正確に言えば3分割してそれを木目を順逆順に貼り合わせてキットで製作し易い精度にしたもの)です。

このモデルはオントモビレッジ?/オントモショップ???(良く判らない)いずれにせよ音楽の友社のネットショップから販売されます。

音楽を楽しむにはお勧めです。

 

 

これが裏面の写真です。CNCで45度に正確にカットしてありますし、スピーカーターミナルはMarkaudio-Sotaの純正品と言うなんともバランスの悪い贅沢です。

試聴室に置いてありますから不安でしたら聴きに来てください。

弊社のNC5に装着して使う言うと言う手もありますけどね???

それから来週の月曜日にMAOP輸入通関します。MAOP10/11ともに24ペアです。しばらく作りませんのでこの機会に購入をご検討下さい。

 


Posted by admin on 7月 8th, 2018 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報

MAOP_10 MAOP_11 今週末日本に到着します。

大変お待たせMAOP_11 bothsしました。MAOP11 MAOP10 MAOP_7 が再入荷します。今週の航空便で日本に到着し来週には皆さまにお届けできます。
前回の入荷は到着前に売り切れてしまい、お待ち頂く事になった方々には申し訳ありませんでした。

この美しいモデルはもう説明の必要はありません。 メタルコーンがどうしても乗り越える事が出来なかった素材自身が持つ課題を乗り越えた非常に優秀なシリーズです。
maopw3是非質の良いエンクロージャー、アンプ、電源、ケーブル。非常に敏感なユニットですので、皆様の経験と耳で手持ちのシステムに手を入れれば必ず変化します。そちらの方が高価になるかもしれませんが、それだけの価値があります。是非オーディオの本質を楽しんで下さい。


Posted by admin on 7月 3rd, 2018 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報

Markaudio-Sota のドメインを変更しました。

Markaudio-Sotaのドメイン名が変更になりました。

新しいurl:www.markaudio-sota.jp

古いurl: www.markaudio-sota.co.jp

Cesti MBやTozzi one/Two をイベント会場や試聴会に持って行き音を聴いて頂くと必ず売れていたのですが5月頃からパッタリでした。なんとMarkaudioの親会社のIT部門がwww.markaudio-sota.co.jpの更新の確認を怠っていたと言う・・・・何ともあきれる話です。昨日復旧しましたのでご参照下さい。

 

 


Posted by admin on 6月 17th, 2018 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般

Markaudio-Sota Tozzi Two が再入荷しました。

Tozzi Two ですが、予想以上に売れ行きが良く3月に欠品し皆様にご迷惑をおかけしましたが、5月2日のMarkaudioからの仕入が完了し入荷しました。

 

tozzi2_silvertozzi2_rose

Tozzi one/Two圧倒的に繊細なサウンドが心を捉えます。あるディーラーさんのオーナーは

「どうしてこういう斬新なデザインが浮かぶのか…私が勤めていた日本の某大手では絶対に実現しない。残念ながら…」

一番大事なそのデザインの音質効果を是非ご試聴下さい。

 

PS;5月5日の試聴会は盛況でした、たくさんのご参加有難うございました。

201805Koizumi event

 


Posted by admin on 5月 8th, 2018 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般

GW5月5日はコイズミ無線で小澤先生司会のイベントです。

過日、小澤先生からご連絡を頂きました。内容はStereo誌の企画「本誌筆者によるスピーカー競作」で石田義之先生と須藤一郎先生がマークオーディのユニットを使った作品が非常に優秀なのでファンの皆様に聴いて頂く機会を企画されたらという内容でした。

 

Twinportbasicソナチネamtransそこで小澤先生にMJ2月号でお願いしたAlpair12を使ったサブウーハーの試聴と併せて5月5日の午後は子供の日に帰ってオーディオを楽サブウーハーしんで頂こうとういうイベントを行います。

 

13:00から2時間ほどをよていしており、NC11をはじめとした、ネーチャーコレクションシリーズの試聴も行いますので、お時間を作ってご参加下さい。

 

 

 


Posted by admin on 4月 24th, 2018 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般

Markaudio第3回MJオーディオフェスティバルスケジュール

3月4日(日)は下の内容を予定しております。是非ご来場下さい。

11:00~11:45
新発表NC_11+限定ユニットMAOP_11を聴く。
Nature Collectionシリーズ(ウォールナット材とハードメープルの聴き比べ)

12:15~13:00
プロトタイプAlpair11SS&Alpiar7SS(革新的シングルサスペンションのプロトタイプ)の試聴Alpair7PHybrid(純銅とアルミ蒸着ワイヤのボイスコイルを使ったプロトタイプ)の試聴

13:30~14:15
Tozzi one/twoと NC_5とAlpair12PW密閉型3Dウーハーのコンビネーションを聴く
無線と実験2月号記事で絶賛されたモデルにNC5、Tozzi Oneとのコンビも実験します)
そしてAlpair7PHybrid+Alpair12PWの試聴もおこないます。

14:45~15:30
プロトタイプAlpair11SS&Alpiar7SS(シングルサスペンション)の試聴
Alpair7PHybrid(純銅とアルミ蒸着ワイヤのボイスコイル)の試聴

16:00~16:45
Tozzi one/twoと NC_5とAlpair12PW密閉型3Dウーハーのコンビネーションを聴く(無線と実験2月号記事)】 そしてAlpair7PHybrid+Alpair12PWの試聴もおこないます。

17:00~
リクエストタイム CDを持って自由にリクエスト


Posted by admin on 3月 3rd, 2018 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報

Markaudioのイベント内容 at 2018MJオーディオフェスティバル

来る3月4日秋葉原損保会館において第3回MJオーディオフェスティバルが開催されます。

 

少し遅れて参加しましたので、我々Markaudioは506号室です。
広さ23.5㎡ 3.5m (W) x 6.7m(L)ですが考えて見れば日本の一般的なリビングの広さですので、皆さんに試聴して頂くにはその見地からは適切な広さかもしれません。

時間割はこれから考えますが、イベントの内容は以下を考えています。

MJフェス_バナー【1】 Tozzi oneの3Dウーハーの驚くべき本格サウンド
MJ2月号で発表されたMarkaduio Tozzi oneと3Dウーハーのコンビネーション試聴。今回はNC5、NC7などとのコンビネーションも聴いてください。

 

 

 

 

 

【2】 Alpair7SS、Alpair7Hhybrid, Alpair11SSプロトタイプ

Alpair7PhybridSークオーディオは常に革新的な開発を進めています。一月のTokyo Audio Base で沢山の方に聞いて頂いたシングルサスペンションのモデルの試聴を行います。加えて今回は今月の入荷に数カ月前に工場に頼んでいたAlpair7PHybridVC(ボイスコイル)が送られてきましたので、3極管シングルのアンプでその優秀性、可能性を聴いてみましょう。

 

 

 

 

【3】 NC_11 やNC_10 を使ってエンクロージャーの素材による音の違いを聞いて頂きます。
NC_11

これも、TokyoAudio Base で皆さんから大変な評価を頂いたNC11、NC10を皆様のリクエストもお聞きしながら試聴します。

 


Posted by admin on 2月 26th, 2018 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般,ユニット情報

マークオーディオ MAOP_11と ネイチャーコレクション  NC_11 Markadudio

1月の東京オーディオベースでご紹介した新しいMAOP_11と専用エンクロージャーNC_11がもうすぐ新発売です。

旧正月前に日本での発売開始を予定していましたが先週工場の責任者Evanから突然間に合わないと言う連絡があり‥‥ひと騒ぎありました。

私は心を落ち着かせて改めて原因をきいてみました。すると、レクタングルワイヤーを使用した特注コイルの供給が間に合わない事がその原因でした。そこで『ん。昨年の11月の出張で私がレクタングルを使ってくれって頼んだ様な…』良く聞けば彼らが私の意をくんで厳しいスケジュールの中で無理をして動いていたんですね。と言う訳で特注コイルは2月25日に到着する事になりました。大変申し訳ありませんが3月中旬に日本に到着します。

時間ができましたのでブログで内容を紹介します。

これがMAOP3兄弟です。3兄弟

一番右がMAOP_11です。2018東京オーディオベースでは小原先生がオルガンの30Hzが聴こえると驚いていました。とにかく今回は特にプロトタイプのシングルサスペンションもこのMAOP_11もびっくりするほど魅力的な音で私自身結果にびっくりで本当に良い試聴会でした。

もちろん協力頂いた皆さんに感謝です。47研の4741Gの感度抜群のCDプレーヤー、ZonotoneのSP1シリーズの立体的な音。本当に良い製品でコンビネーションを組めたのはラッキーでした。良い製品です。でも、Markの設計したスピーカーはその違いをはっきり出します。良いものを良い音に変換するのは本当に素晴らしいことです。Audiobasemembers

そして今回のMAOP_11  用に新しく設計したエンクロージャーNC_11も良い感じです。試聴室に戻って何度も聴いているのですが、NC_10と比較して、男性的で力強い音がします。このNC_11デザインもうまくいきましたが、結構見えないところに手を入れてあり贅沢にもハードメープルのバッフル板の裏に20㎜のブラックチェリーを貼り合わせてあります。

nc11port

 

 

 

 

ハードメープルのフロントバッフルの次のレイヤーが赤褐色している板が見えていますね。これがブラックチェリーです。

Fidelitatemの試聴室でこのNC_11の音色を実際にじっくり聴いてみませんか?


Posted by admin on 2月 5th, 2018 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,近況