fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

影に隠れた名ピアニスト

ベーシストの話をSam Jonesから始めたのは、これ日本にいたら絶対買えなかったCDです。何せ知らないアルバムは全部試聴してから買えるからはずさない!だから沢山の人に聞いてもらおうと思ったからです。誰か買われた方いらっしゃいますか? と言う事で、ピアニストも Red Garland や H. Hancock といった大御所ではなく、比較的マイナーなプレーヤーから始めたいと思います。。

  < Jeorge Russell > Jeorge russell 

これも試聴の賜物で手に入れたCDです。 Ezz-Thetics と言うタイトル、 どういう意味なんだろう?。Theticって言うのは独断的ってことのようですが、何か難しく堅い名ですよね。まっ Fidelitatem もそうかな?

しかし、このアルバムのサウンドは新鮮です。最初の曲は一種のモード奏法の様な弾き方ですが、ノリもサウンドも魅力的です。2局めのNardisと言う2曲目の曲も最後の『Round Midnight』も、非常にクールでブルージーで、とても魅力的なアドリブを聞かせています。もっと精力的に個性を表現していれば大ピアニストになっていただろうに・・・

 

 

<Oliver Nelson>

ブルースの真実

わたしは何故かこのEzz-Theticsというアルバムを聞いていると『The Blues and the Abstract Truth』 『ブルースの真実』と言うLPを連想します。エリックドルフィーが両方のレコーディングに参加しているせいだけとは思えません。どこかに共通する当時の音楽性を強く感じます。これも何時かはブログに登場させたい一枚ですが、是非機会があったら聴いてみて下さい。素晴らしいアルバムです。余談ですがここでのBill Evans は好いですよ、真っ黒なメンバーの中に知性のEvansが凄くコントラストがあってアクセントを与えています。

 

 

 

PS;ハチマルさんへ・・・ ジミヘン凄いでしょ。あのスケール感とあの迫力(特にリズム感)は他のギタリストでは出せません。わたしも、10年位のブランクがあって、改めて聞いて『パープルヘイズ』でぶっ飛んでしまいましたあんな演奏したら早死にしてしまうのもわかる気がします。


Posted by admin on 11月 24th, 2009 :: Filed under 未分類,音楽

ずっとユニット開発の話を聞き続け・・・・

DSC00118お蔭様でAlpair7の販売が好調で補充しなければいけないし、またAlpari12の新発売に向けての仕入れもAlpair10もと、昨日(13日)は、マークのところに出かけました。

4:30pmに通い慣れたMarkaudioのスタジオを訪ねるとMarkはAlpair12をエンクロージャーに入れて馴らし運転をしながら私を迎えてくれました。

安物のMDFでスピーカー設計のテスト用に作ったボックスが3週類ほどあり、そのうちの1つでまずはサウンドチェックです。

実はそこから7:30まで延々と新ユニットの製造や第二世代Alpairの話を延々と聞くはめになりサウンドチェックどころではなかったのですが。

話のとっかかりは、Alpair12の試聴をしながら、『このスピーカーもエージングで音が変わりそうだね』と言うと、『Especially Matsubara san’s suspension being adopted , needs ageing but it makes  my unit so (ここで力が入って)smooth』 と言っていたか、忘れましたが、要は賛辞の言葉です。そんな話から始まり、しばらくは色々な日本の技術力がいかにすばらしかったか、それが失われていく日本技術力への警鐘を聞かされました。

その話の一部です。『僕の親父は、結構お金持ちで最初に買った日本車がトヨタクラウンの2.6ltrEstateなんだよね。新車のドアを開けながら僕に向かって、『ほらこのドアの繋ぎ目の正確な仕上げを見てご覧、英国製の車とは全然違うだろう』といって日本車を絶賛していたそうです。(Markのお父さんはJaguarのエンジンの設計者で彼も車が大好きです。トヨタ2000GTは世界で一番美しい車だと良く言っています)。 

だから、将来絶対に日本の精度の高い工場でユニットを作って見たいんだ!(結構話が飛びますよね)

 もう中国の工場では本当に大変なんだ、CHP70/EL70を開発した時は本当に大変だった。完成するまでにAlpair12の開発には1500枚はコーンを潰したんだ・・・・(凄い!中国人がMarkを恐れる理由が良くわかる) 確かAlpair10で500枚潰したと言っていたから3倍かあ~なんて関心してしまいました。でもこのしつこさ、強さは尊敬できます。

ところで、もう気がついた方もいらっしゃるでしょうが、上の写真の寝ているユニットは、未発表です。CHP70のコーン紙を使ったウーハーとドームツィーターの2Wayで14cmクラス位かな?セットでCHR70より安い代物です。

売るかどうか決まっていません。

もう一つ。DSC00120

 これは30000khz~650hzのツィーターです。MFブランドかな?

私が結構楽しみにしているモデルです。今回ちょっと馴らしてみましたが、好いです。

後ろがカッコ良くて、

DSC00121こんな格好をしていました。

携帯で取ったのでぼけています。わざとではありません。これは販売する予定です。

夜もふけてきましたので、今日はこれくらいで・・・・ おやすみなさい。


Posted by admin on 11月 17th, 2009 :: Filed under ユニット情報,未分類

The 職人 in 茅野 woodwill

今回のブログはWoodwill さんの製品紹介です。

woodwill さんは長野県茅野市に工房を構えており、偶然私の郷里の直ぐ近くにあります。1年以上前に、帰省時に訪ねることが出来ました。その時に聞かせて頂いたサウンドはユニットの存在を感じさせない私にとっては驚きのHi fidelity soundでした。その時のモデルよりも解像度が高いそうです。

また、その時に持ち込んだAlpair5を簡単な箱で鳴らして、柴田さんは『これは良いですね、凄く私の好きな音です』と言うことで1ペア置いてきました。 それで最初に出来上がったのがModel Aoki と言う超ど級のモデルです。これも驚きでした。 これは未だ聞いたことがありません。

みなさん、一度は茅野市に尋ねてみてください。絶対価値があります。

http://www.lcv.ne.jp/~woodwill/alpair10-5-2Way.html 

特に製作の記事のAlpair5 を100%飼いならす苦労話には素晴らしいものがあります。 簡単に良い音がするユニットも良いですが、 Alpair5 の様に、本気で取り組むとその解像能力の高さ、繊細感の本当に素晴らしい世界があり、それなりの熱意が必要と言うユニットも素晴らしいと思います。 飼いならして見たいと言う方は是非トライしてみてください。

 ——-   ——– ——– ——

どうでした、見ましたか? このモデルの姿本当に凄いでしょう。 絶対聞いてみたいと思いませんか? 実は私も1台購入し、来週には香港に着きます。エージングが必要ですので、多分12月には試聴報告が出来ると思います。

たのしみにしていて下さい。


Posted by admin on 11月 11th, 2009 :: Filed under ユニット情報,未分類

ベーシストから

Sam Jones から始めましたので、2~3回ベーシストシリーズをやりたいと思います。

こういったブルージーなベーシストと対極に位置しているのが、Scott La Faro と言うBill Evans トリオのベーシストとして有名な人ですが,

このトリオの演奏は何とも音楽的(?って表現でよいのでしょうか)で凄い演奏です。

しかし私は、このLafaroとのトリオの演奏は実はあまり聴きません。30分以上聴いているとなんだか気持ちが悪くなってくるのです。 猛烈に美しい耽美的な音楽ですが内面に一種の狂気(?)を感じてししまうのでしょうか?

 evans_3 

 わたしはExplorationsと言うレコードを35年間大事に持っていて何度も聴いていますが、Hancockなど他のピアニストと違って、疲れておうちに帰ったら先ず聴きたいとはおもいません。

 

La faroは61年に交通事故で他界してしまい、Evansと数年しか共演できなかった訳ですが、その後のEvans の演奏を聴いてみてください。Eddie Gomezとの競演(Montreux のライブなどはで)などは、『こんなんじゃないんだよね・・・僕が求めている感性は』、『Scottは何処に行ったんだ』って言いながら演奏している様に聞(聴)こえます。 

本人がアル中と麻薬でで殆ど廃人になったり奥さんが自殺する気持ちはなんとなく理解できます。

と言う訳であまり好きではないと言う結末ではブログを終わりにくいので、対極のもう1人。 Niels Orsted Pedersen と言う人をご紹介したいと思います。

duo 1 初めての人であればやはりKenny Drew との『DUO』 というアルバムが良いと思います。 このレコードミキサーが興奮してボリュームを上げすぎて最後のHush-A-Byeでは音が思いっきり歪んでいます。

オーディオソースとしては神経質な方はお勧めできませんが、私にとってピアノとのデュオでこれ以上のアルバムはありません。少々歪んでるところがあっても良い音楽が入っていた方が良いです。

最近は7ltr バスレフ Alpair7一発で聴いていますが、そのサウンドはフルレンジの音ではありません。マークが一緒になって旧Alpair6用に使っていた箱を設計しなおしてジグソーでバッフル開口を大きくして使ったのですが、1週間程度のエージングを経て今は本当に上質な音がします。DUOのKenny Drewのピアノで細かいミュートの音が消えるニュアンス、ピアノの全体の質感、弦の震える細かい振動や量感、最初の数日はちょっとエージング不足でしたが今は広がりがあり個人的にとても気に入っています。

販売元が書いていますので、Alpair7の評価に疑いを持った方は是非買って聴いて試してください。信じて頂いた方はすぐに購入してください。音に狂気は含んでいませんので・・・・  ワルノリデシタ。


Posted by admin on 10月 27th, 2009 :: Filed under 未分類,音楽

Markaudio次期モデルの設計

コイルの検討会8月の終わりに東莞(トンガン)と言う中国南部にある町の工場にMark(Mark Fenron というMarkaudioのオーナー)に連れられて尋ねたときの写真です。

新しいAlpair7,12用に新しく採用するダンパーのテストが主目的でしたが、そこで20数年日本の某有名スピーカーメーカーの設計をやられていた松原さんと言う方とお知り合いになる事ができました。

日本の貴重なノウハウをいっぱい抱えた方です。 私も仕事柄何度も広州市、東莞市、深圳市などに出かけますが、日本に無くなってしまった物づくりの現場はこの辺に沢山移ってきており、そこにはこうした方が結構いらっしゃいます。 思い直してみれば、マレーシアに流れた古き良きOnkyoさん、豊科にあったSony さんのEsplit、Technics さんの脅威の技術力。 ビクターさん、東芝Aurex(だったかな?)、トリオさん・・・・ 物凄い製造・設計能力だったのですよね。十数年前までの日本は。

写真はMarkと松原さんが次期モデルのコイルの設計を打ち合わせている光景ですが、通訳していても、泉のように色々な設計の話が湯水のごとく出てきて、とてもおもしろい半日でした。これからはMarkとのコイルの共同設計とか色々と仕事の話をしています楽しみにしていて下さい。

 新設計のダンパーについては松原さん曰く、『マークさんの要求は普通着目しない内容ですね。ダンパーの改善でこうしたストロークに対する効果は色々あるうちの10%ぐらいですから・・・でもだからやりがいがあるんですよ』といって嬉しそうに語っていました。結局もう1度ダンパーを設計しなおして販売となっています。確かに、私はAlpairシリーズとはずっと付き合っていますが、Alpair 7 を 30W位入れて(20Wがカタログ値ですから・・・お忘れなく)激しくコーンを動かすとロングストロークで、ぴたっと戻ってきます。縦に柔らかく横にぶれないと言うことが実感でき、重たい低音を聞く事が出来ます。

工場を失礼するとき松原さんは日本人にノウハウを伝えられないのが本当に残念といってたのが心に焼き付いています。私も若い人をサポートして当時の日本の力は遠く及ばなくても・・・・なんとか支援できればと思っています。

 Alpair7 試作モデル

この写真はその日に工場で撮ったAlpair7の試作モデル(旧)です。ダンパーが量産モデルと異なっています。比べてみてください。


Posted by admin on 10月 23rd, 2009 :: Filed under 未分類