fidelitatem sound のオーディオと音楽ブログ
ジャズとオーディオのニッチな世界

コイズミ無線で炭山アキラ先生とイベント開催。MAOP_11プロトタイプも持ち込みます。

来る9月23日午後にコイズミ無線でイベントを行います。
月刊ステレオの9月号でPluvia7のクラフト記事を掲載して頂いたことがきっかけです。その後弊社の試聴室にお持ち頂き実際に聞いたのですが、正直私にはこれからのスピーカーをどうすべきか大きなヒントになる程衝撃的な音です。添付の資料の様に何の変哲もない恰好ですが、音は本当に気に入っています。是非聞きに来てください。

また、前回の出張で工場に依頼していたMAOP_11のプロトタイプが到着しました。早速指定箱にセットしてAlpair10v2MAOPと比較試聴してみるとやはり個性の違った音が朗々となり出しました。ステレオ9月号

一言で言うとAlpair10MAOPが女性的に繊細に鳴り、MAOP_11は力強く男性的に鳴ります。今回イベントに持ち込みますので是非参加下さい。

 

 

(1)月刊ステレオ製作記事のPluvia7”カルマート”と”マルカート”の聞き比べ。

 

 

 

 

(2)サブウーハーとMarkaudio小口径ドライバーの相性をそのセッティングノウハウ

a. カルマート+サブウーハー
b. Tozzi one Tozzi two とサブウーハーIMGP8444

本来音楽信号の細かな動きを再生するには軽くて柔らかい駆動部が圧倒的に有利です。
そこで小口径の良さを100Hz~70Hzまで余計なXOネットワーク素子を通さず最後にちょっとだけサブウーハーでサポートすると言う考え方は理想的な方法論の一つです。そこでまず限られた居住空間でも受け入れられ易い小型スピーカーを次の段階で変貌させると言うトライアルを皆さんと聴いてみたいと思います。実際あるプロショップでT1で実施したらオーナーさん曰く『これ100万円クラスの音がしますが敢えて薦めません。だって安くてもうからないから・・・・・』と笑っていました。

 

(3)Markaudioプロトタイプを聴く

a. MAOP_11  MAOP11 &10
人気のPluvia 11のコーンをMAOP化。Mark Fenlonが前回のAlpair10のMAOP処理を依頼するときに100枚試験的に加えたものです。今現在世界でこの写真のペアしかありません。是非聞きに来てください。

b. Pluvia7 HD (High Definition)

Pluvia 7にMAOP7のコイルダンパーを使用。ダブルマグネットでスペックもぐっと男性的です。

T/Sや周波数特性も来ていますが、今回はイベントの開催を紹介することにとどめ近いうちにアップします。

Alpair10v2MAOPですが、今回仕入れた4ペアを含めて14ペアで昨年のロットが完了します。このロットはコイズミさんから購入可能です。またNature Collection NC10用に10ペア残していますのでご購入を検討されている方は早めにご購入下さい。

 


Posted by admin on 9月 14th, 2017 :: Filed under Sota製品情報,オーディオ一般,ユニット情報,未分類

Nature Collection NC5walnut アムトランスで販売開始!

Nanc5frontture Collectionシリーズに大変な評価を頂いているダンパーレスドライバーAlpair5v2ssを搭載したNL5が登場です。音楽的な響きが美しいウォールナットのモデルが秋葉原のAmtransのショップで試聴が出来ます。

一度聞いて頂こうと思い持ち込んだのですがすっかりファンになって頂いたオーナーから是非ということで発売することとなりました。

あのカーテンを取り除いた様なリアリティー、シンバルやウッドベースのピッチカートのリアリティー今までに聞いたことのない細かい微細音まで是非試聴をお願いしたいとます。ネットを確認したら年末全品10%引きセールだそううですよ~


Posted by admin on 12月 15th, 2016 :: Filed under オーディオ一般,ユニット情報,未分類

愛車 Evolution と WRX STI 

まずはこの写真をご覧ください。なんとも嬉しそうな顔をしてますよね。

これ私の1992年ビンテージになりかけ純性Impressa WRXです。今年の3月私の息子から無理やり譲ってもらい今は私の愛車です。
今年の10月にマークが訪日した際、軽井沢までこの車で足を延ばしたのですが…

『Can I drive this car for a while ? I have  international License this time. 』なんて言って・・・・とうとう彼は行き帰り500キロ以上をずっと運転をしていました。

『この車は絶対に他人に売ってはいけないよ。この状態の良いAll純正の初代WRXなんてヨーロッパではとんでもないプレミアがついているんだよ。売る時は先ず僕に言ってくれ』・・う~ん・・『それだとプレミアはつかないよな(内心)』なんて会話をしながら楽しい旅行でした。

実はWRXを最初に手に入れたのはマークで2004年製のラリーチューンSTIを香港で購入、実に満足そうでした。まあ、これで2台のスバルを乗り換えて(彼は2台のスバルを持っているのです)楽しめるよねと思っていたら、半年ほど前に香港に行ったら『Do you have  a time to go a garage with me? I have something would like to show you.』とあるガレージに連れていかれました。

そして目にしたのがこれ→日本から輸入して整備中の三菱エボ5です。
『これはパワーが3xxHPで、WRCでどうのこうの』その後独り言の様に、
『これを買わずにいれようか!』と言っているのが気になりましたが。

 

 

 

 

 

 

そして今回香港に行ったらこの状態です。

これで新車のスバル4WDから始まり2台の日本がラリー選手権で最も輝かしい成績を残した2台を手に入れたのです。
いや、本当に車が好きですね。ジャガー4.2Ltr12valve
のDNAは目茶目茶濃く流れてます。

 

 

 

彼自身の価値観は世間の評価とは全く異なるベクトルがあり、この古き良き2台の傷んだり不満の部品をどんどん純性部品に取り替えてとても満足そうです。

私はその部品の運び屋なのです!!!

 

 

余談ですが・・日本の古い車への価値観は自動車新車販売戦略と車検で歪められてると思いませんか?

 


Posted by admin on 12月 21st, 2015 :: Filed under 未分類

CHN70 update やっぱりこうなるか!期待を裏切らない英国エンジニアスピリット

CHN90 の開発がどうなってるのか・・・・ディーラーさんも心配しているので私からMark(audio)に軽いジャブを入れてみました。
私『日本は3月のリバウンドが来ているから新商品がほしいみたいだよ・・・』

M 『ちょっとね・・・・ムニャ、ムニャ』

なんだか歯切れが悪い。

私『だから日本は消費税が上がってるし戦略製品が早くほしいって・・・・ディーラーさんがいってるよ』

(歯切れが悪いのは体調でも悪いのかな~と思いながら)恐る恐る突っ込むと・・・突然本音の話に飛んで、

M『結局。良い音でないとダメなんだよね!』
M『・・今写真送るよ 』

 

と言う事で電話で話ながら送られて来たのがこの写真。

 

私『なんかコーンの色が変ってるんだけど・・・。Alpair7P用のコーンでも付けたの?』

M『違うよ。でもね、Alpair Pシリーズの良い所をかなり継承しているよ。』

『先週米国のB*** と話したんだけど、なんて言ったと思う。音質を2グレードぐらい落とせ(!)っていうんだよ(なんでこんな話になるんだ)。

許せるかい!私としてはとても商売する気になれない!』『アメリカ人のオーディオのレベルははっきり言って・・・』(これ以上書けない。)

『だから、日本に提供するユニットが音が期待外れだったらMarkaudioの評価を落とすようでは、Norioおまえ困るだろう。やっぱり自分で納得するレベルでないと出せないんだ。このコーンの音は大丈夫。来週にはスペックを整理して送るるから』

どうも B***** との会話がMarkの心にあった我慢のひもを切ってしまい、やっぱりコーンを変えようと言うトリガーになってしまった様です。

と言う訳で

『あ~ぁまたか、調整しなくっちゃ。』となりました。

身内の人間をほめるのはどうかとも思いますが、本音を言えばこのちがらい世の中で、どうしてこうも頑固に性能の向上に立ち向かえるのか、大いに世話が焼けるけれども私の知っている日本のビジネス社会では絶対的に失われてしまった(処世術だけ考える悪い奴に簡単につぶされますよね)開発態度には頭が下がります。
そう思うようになると逆になんだかさっぱりして、まぁディーラーさんに叱られても良いか(?!)なんて気持ちになります。

今これを変えたら、販売店の人たちの準備が無駄になるとかそういった目先の問題は、彼の思考の比率ではとてもプライオリティーが低く判断基準から消えて行ってしまいます。常識的に言えば我儘なのですが、この音に対する本質的な部分の妥協をどうしてもできない英国エンジニアスピリットに私は愛情を強く感じます。

早速日本に電話をし、ディーラーさんに謝罪になっていない謝罪させて頂き、MarkからのT/Sと写真を待つことにしました。
Markが満足いく音に追い込んだCHN70最初からv2(??) みなさんお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 


Posted by admin on 5月 10th, 2014 :: Filed under オーディオ一般,未分類

3兎を追うもの台北に行く!

皆様久し振りでございます。 私事ですが今年の1月に長年(8年間ですよ)拠点にしていた香港を離れ、
なんと今は台北をベースに香港とを行ったり来たりの生活をしています。

 

 

 

もともとはMarkと約束した中期事業計画がありました。それは今年は千葉に戻り様々な準備をして

例えばAlpair8など一部のユニットは最終工程を日本で仕上げたいと言うMarkの希望があり、彼が日本にある程度長い間滞在できる様にしてあげようというのもその計画の1つです。 が、なのに・・・・・ 昨年の夏頃仕事で大変お世話になった方から台湾でもう一仕事しないか誘われた私は、グラグラっとなってしまいその誘いにのってしまったのです。

でもそのとき即座にMarkに連絡してじっくり話をしたんですよ。

『Hi Mark, ちょっと大事な話があるんだけど・・・・』 『OK、明日そっちに行くよ』・・・・・そして翌日。

私(小さな声で)『実は約束していた話なんだけど・・・、来年台湾で仕事しないか誘われてしまったんだよね・・』

Mark 『いいじゃないかNorio一年なんてすぐだよ!。台湾のディーラー開発もできていないし・・・・』
『それに、Alpair8結構難しくてもう1年ぐらいかかりそうなんだよね。だからちょうどいいんだ。』

ということで結局台北に来てしまいました。

でも、Mark!決してMarkaudioの事業に対して手を抜いているわけではなく、さらに力がはいっているんだよ。
と言う訳で 先週も香港に行って新シリーズCHN70、CHN60、の事業計画をMarkとみっちり打ち合わせしてきました。

新製品CHN70は結構近いうちに出そうです。台湾のDIYショップの訪問記もあるのですが後に廻し、先ずはこののご紹介を!!!

 

すぐ後のブログにでてま~す。

 

 


Posted by admin on 4月 9th, 2014 :: Filed under 未分類

Alpair10v3好評発売中。・・・・・大遅刻のブログ

Alpair10v3のブログは発売よりブログが遅れてしまいました。 販売開始から数か月以上たっても公開していませんfでした。
口の悪い方からは、やる気があるのか?とか、v2の売れ残りがあるのかとか・・色々とコメントを頂きます、悔しいのでとうとうブログをアップする事にしました。

このAlpair10v3特にコイルとサスペンションの設計をやり直しています。

実はこのブログ公開が遅れた理由は、マークの入院にあります。本人はすぐに病気をDiyforumで公開していましたが、私は古い慣習から抜け出せない日本人です。ですのでこのブログは下書きのまま公開することを躊躇して長い間放っておきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このコイルの設計を初めて見たのはマークが入院中の病院の個室でです。pcをベットに乗っけながら、結構つらそうでしたが、『今Evanに指示しているんだよね。コイルがもう少し・・・・』なんて言いながら。それが今年の2月頃の話だったか・・・と思います。

そもそもAlpair10のニューバージョンの開発に最初に接したのは、マークが去年の暮れにAlpair10Pのプロトタイプを私の事務所に持ってきたことからです。 その時のわたしの反応は『ん~?。ムニョムニョ』と言ってあまりはっきりした印象を言いませんでした。本音を言いますと『せっかくAlpair10MAOPが大きな反響を生んでいるのに何でこの時期に新製品を今・・・』と言う気持ちがそういう態度になったのも一因ですが・・・・・。しかし、しかし純粋なマークは私の反応に秘かに強い反発心を燃やし10Pの再設計みならずメタルモデルも改造をしていたんです。ところが今年の2月マークは突然入院する事になってしまいました・・・そして手術です。そうなると普通の人は完治するまで先ずは養生し仕事を休めるのですが、違ったんですね彼は!リモートでEvanに指示をして今年の初夏とうとう両方とも完成し改めて私の所に持ってきたのです。

そして改めて試聴テストです。『あれ随分良くなったね!。音がスット出てくるね。魅力的な音だよ!Mark』普段はテストの後に必ず私の所にプロトタイプを置いていくのですが、病後で工場まで出向けなかったため、自分のユニットが無かったのですねユニットをずして持って帰ってしまいました。

その時Markは病後でやはり疲れ気味でしたが夜遅くまで私の家にMarkが尊敬してやまないコリンチャップマンが初代ロータスエリートをFRPボディーで徹底的に軽量化したことを例にとり、電気信号から音へのトランスデューサーであるオーディオスピーカーユニットはメカニカルエンジニアリングとしての駆動系を軽くする研究がいかに大切かを切々と夜遅くまで語っていました。『家で寝ているなんてとても耐えられない、ここでおまえと話しているのが本当に幸せだ』とか『Evanは本当に良くやった』と何度も言っていました。

そして生産開始です。何度か催促してもぐずの私はブログを出せずに時はどんどん経って行きます。結局ブログに公開する前に勝手に評判がたって、『アッ』と言う間に最初のロットは欠品です。 おかげ様で、先に売れてしまうので、実は今でも私の手元にありません。あわてて日本に送ってしまうからです。有りがたいことですが・・・・・。さっきMarkから電話があり、金曜日(11月01日)にサンプルを送ると言っていますので、またインプレとFidelitatem のホームページを更新します。

これが、T/Sですが、

Alpair 10M (Gen. 3) data:

Revc= 7.200 Ohm
Fo= 38.266 Hz
Sd= 8.825K mm2
Vas= 26.320 Ltr
Cms= 2.380m M/N
Mmd= 6.792 g
Mms= 7.269 g
BL= 5.772 TM
Qms= 1.930
Qes= 0.378
Qts= 0.316
Levc= 71.379u H
No= 0.378 %
SPLo= 87.988 dB
Xmax = 7.5mm (1 way with Arrestor)
Power = 30 watts nom.

V2に比べT/Sが随分軽くなっています。このMMS7.269g と言うのは倍のストローク長で日本の大手のメーカーさんのモデルとほぼ同じ重量を実現しているところが自慢です。その時の試聴では、音も広域がすっと伸びているので評判の低域と相まって立体感が強く感じられます。

『病院にいてもやる気と熱意があればここまで出来るんだ!』『これでどうだ!』と言っているモデルです。やはりたまには駄目だしを出さないと!

 (余談ですが術後のMark Fenlon式リハビリは強烈ですです。『Norio、毎日歩行器で600カロリー(だったか?)歩いてるよ。俺はおまえの体重を非常に心配している!』といわれています。その徹底した努力を続ける精神力には頭が下がります。)

 

 

 


Posted by admin on 10月 30th, 2013 :: Filed under 未分類

被災者の皆様へ

週末は香港でNHKの海外向け放送をずっと見ていました。 

想像を絶する自然の猛威の前に不運にも生活基盤をズタズタにされた皆さんの心中を察っすると本当に辛く悲しくなってしまいます。

こちらからは何も出来ませんが心ばかりのドネーションをする事にします・・・・・・・・・・


Posted by admin on 3月 14th, 2011 :: Filed under 未分類

設計と製造の現場から その2

前回の東莞訪問時松原さんに『Markの夢は日本のスピーカー工場で自分が設計したユニットを作るのが夢なんですよ』と雑談で伝えたのですが、今回は新しいユニットに採用されるコイル(このはなしは後でまた・・)の打ち合わせと、もう一つ、ある工場を紹介してくれることになりました。

訪れた所は東莞市という町のはずれにある小さな工場でした。ユニットメーカーの開発をしていた人たちが作った工場で、中に入ると日本製のカーオーディオ用のスピーカーをラインに流していました。本当に質素な工場でしたが、品管の考え方がまさに日本の5s(整理、整頓・・・・・躾ってやつでこの躾を中国で見につけさせるのが大変なんです)感覚で運営され、日本が培った良き時代のノウハウが匂う工場でした。この工場を運営する日本からこられている皆さんは皆20年~30年スピーカーユニットに携わり、JBL,Infinity,Bose,Altec・・・のOEMとして高級ユニットを日本で作っていた人たちです・・・・というその時代の最先端を引っ張ってきた人たちです。

しかしこの日ラインに乗っていたユニットは、繁栄していた時代とは比較にならない、カーオーディオ用のコモディティークラスのユニットでありとてもそんな栄光の時代を彷彿するものではありません。 お聞きした話を後をよくよく考えてみると私が親しんだ某社=日本の単売有ユニットの約半数はこの人たちが設計製造に携わっていた事に気がついて、なんだかほろ苦い気持ちになってしまいました。

それが、マークとの出会いが消えかけていた炭に火が燈りそうな気配です。多分この工場で生産したユニットを近い将来ご紹介できるでしょう。

工場の視察が終わり持ってきた無線と実験の3月号を松原さんにお見せすると、こんな会話が始まりました。

松原さん 『これは本当に優秀なユニットですよ。普通16cmクラスのメタルでこれだけ広帯域・低歪は技術的に難しいんですよ』

マーク 『そうなんだ、Tedに12cmコーンのフルレンジなんか不可能だといわれたんだ』 『でもAlpairシリーズでは極薄フロントサスペンションをつかっているのでA12ではコイルの直線性に随分苦労したんだ』 

松原さん 『でも接着工程を変えたらもっと良くなるんです・・・・』???なんでもうそっちの話にいっちゃうの???『日本のメーカーは・・・・と言う製造方法を取っており量産には向いているが音は悪くなるんですよ』『まえからこの製造工程を試したいと思っていたのでマークに話してください』

マーク 『松原さんのスパイダーに変えたらコイルの直線性、減衰特性が一編に解決したんだ。松原さんにお礼を言ってくれ。そうで無ければあの記事の驚異的な低歪は難しかった』 『Mr.Cxxxが作るスパイダーだとローリングが起こって・・・・・。松原さんのスパイダーに変えたらぴたっと納まったんだよ』

みなさん。上の会話、話がどっちを向いてるかわからないでしょう。両名とも強烈な技術者ですからもう思いついたらどんどん話は飛んで言ってしまいます。とうとう私は・・・

 『お願いですから、私が通訳するまで待ってくださいよ! 右と左で違う事を言われたら頭が痛くなってしまいます』 なんて・・

ちょっと雰囲気を感じて頂けましたか?といった具合で一日中スピーカーユニットの話をしていました。 夜は場所を変えて夜の東莞の街で打ち合わせ?です疲れましたが楽しい出張でした。

(ところで改めてブログで書きますが記事の累積スペクトラムの表記に誤りがあります。図13の綺麗なスペクトラムがAlpair12でDS16Fのそれとテレコになっています。実はちょっとお願いしている事があってLeanaudioの松本さんと連絡を取っていたら指ご摘を頂きました。有難うございます本当に頭の良い方でいつも驚かされます。)

今回はカメラを持っていきましたがなぜか電池が充電されていなくて写真はありません。ごめんなさい。


Posted by admin on 3月 24th, 2010 :: Filed under 未分類

影に隠れた名ピアニスト

ベーシストの話をSam Jonesから始めたのは、これ日本にいたら絶対買えなかったCDです。何せ知らないアルバムは全部試聴してから買えるからはずさない!だから沢山の人に聞いてもらおうと思ったからです。誰か買われた方いらっしゃいますか? と言う事で、ピアニストも Red Garland や H. Hancock といった大御所ではなく、比較的マイナーなプレーヤーから始めたいと思います。。

  < Jeorge Russell > Jeorge russell 

これも試聴の賜物で手に入れたCDです。 Ezz-Thetics と言うタイトル、 どういう意味なんだろう?。Theticって言うのは独断的ってことのようですが、何か難しく堅い名ですよね。まっ Fidelitatem もそうかな?

しかし、このアルバムのサウンドは新鮮です。最初の曲は一種のモード奏法の様な弾き方ですが、ノリもサウンドも魅力的です。2局めのNardisと言う2曲目の曲も最後の『Round Midnight』も、非常にクールでブルージーで、とても魅力的なアドリブを聞かせています。もっと精力的に個性を表現していれば大ピアニストになっていただろうに・・・

 

 

<Oliver Nelson>

ブルースの真実

わたしは何故かこのEzz-Theticsというアルバムを聞いていると『The Blues and the Abstract Truth』 『ブルースの真実』と言うLPを連想します。エリックドルフィーが両方のレコーディングに参加しているせいだけとは思えません。どこかに共通する当時の音楽性を強く感じます。これも何時かはブログに登場させたい一枚ですが、是非機会があったら聴いてみて下さい。素晴らしいアルバムです。余談ですがここでのBill Evans は好いですよ、真っ黒なメンバーの中に知性のEvansが凄くコントラストがあってアクセントを与えています。

 

 

 

PS;ハチマルさんへ・・・ ジミヘン凄いでしょ。あのスケール感とあの迫力(特にリズム感)は他のギタリストでは出せません。わたしも、10年位のブランクがあって、改めて聞いて『パープルヘイズ』でぶっ飛んでしまいましたあんな演奏したら早死にしてしまうのもわかる気がします。


Posted by admin on 11月 24th, 2009 :: Filed under 未分類,音楽

ずっとユニット開発の話を聞き続け・・・・

DSC00118お蔭様でAlpair7の販売が好調で補充しなければいけないし、またAlpari12の新発売に向けての仕入れもAlpair10もと、昨日(13日)は、マークのところに出かけました。

4:30pmに通い慣れたMarkaudioのスタジオを訪ねるとMarkはAlpair12をエンクロージャーに入れて馴らし運転をしながら私を迎えてくれました。

安物のMDFでスピーカー設計のテスト用に作ったボックスが3週類ほどあり、そのうちの1つでまずはサウンドチェックです。

実はそこから7:30まで延々と新ユニットの製造や第二世代Alpairの話を延々と聞くはめになりサウンドチェックどころではなかったのですが。

話のとっかかりは、Alpair12の試聴をしながら、『このスピーカーもエージングで音が変わりそうだね』と言うと、『Especially Matsubara san’s suspension being adopted , needs ageing but it makes  my unit so (ここで力が入って)smooth』 と言っていたか、忘れましたが、要は賛辞の言葉です。そんな話から始まり、しばらくは色々な日本の技術力がいかにすばらしかったか、それが失われていく日本技術力への警鐘を聞かされました。

その話の一部です。『僕の親父は、結構お金持ちで最初に買った日本車がトヨタクラウンの2.6ltrEstateなんだよね。新車のドアを開けながら僕に向かって、『ほらこのドアの繋ぎ目の正確な仕上げを見てご覧、英国製の車とは全然違うだろう』といって日本車を絶賛していたそうです。(Markのお父さんはJaguarのエンジンの設計者で彼も車が大好きです。トヨタ2000GTは世界で一番美しい車だと良く言っています)。 

だから、将来絶対に日本の精度の高い工場でユニットを作って見たいんだ!(結構話が飛びますよね)

 もう中国の工場では本当に大変なんだ、CHP70/EL70を開発した時は本当に大変だった。完成するまでにAlpair12の開発には1500枚はコーンを潰したんだ・・・・(凄い!中国人がMarkを恐れる理由が良くわかる) 確かAlpair10で500枚潰したと言っていたから3倍かあ~なんて関心してしまいました。でもこのしつこさ、強さは尊敬できます。

ところで、もう気がついた方もいらっしゃるでしょうが、上の写真の寝ているユニットは、未発表です。CHP70のコーン紙を使ったウーハーとドームツィーターの2Wayで14cmクラス位かな?セットでCHR70より安い代物です。

売るかどうか決まっていません。

もう一つ。DSC00120

 これは30000khz~650hzのツィーターです。MFブランドかな?

私が結構楽しみにしているモデルです。今回ちょっと馴らしてみましたが、好いです。

後ろがカッコ良くて、

DSC00121こんな格好をしていました。

携帯で取ったのでぼけています。わざとではありません。これは販売する予定です。

夜もふけてきましたので、今日はこれくらいで・・・・ おやすみなさい。


Posted by admin on 11月 17th, 2009 :: Filed under ユニット情報,未分類